忍者ブログ

☆E☆相棒


HOME[PR]ネットビジネス戦略(ポータル・企業サイト・ECサイト)デルの戦略的ポジショニングが危うし?戦略的課題は山積み

 RSSリーダーで購読する

   2017

0628
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   2007

0202
「DELL社長交代! 創業者であるMichael Dell氏が再びCEOに就任」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070201-00000009-rbb-sci

「WSJ-デル会長がCEO復帰、ロリンズ氏は辞任」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070201-00000020-dwj-biz

デルが戦略上の苦境から、なかなか上手く抜け出せないようだ。

デルは世界最高峰の直販モデルの代表格だ。デルの「価値ある資源」と「各事業群」の調和は、論理的一貫性が高く、全く無駄がなかった。圧倒的な一人勝ちをもたらすほどの競争優位性を発揮するのも至極当然であった。しかし競争の激化と市場の変化に伴い、デルモデルも変化を迫られているのであろうか?

さっくりと「デルモデル」と「現在の顧客動向や市場変化」との適合性のズレを考えてみます。

成長市場での明らかな存在感不足の問題。

●一般顧客市場においては店舗による対面カウンセリング販売が有効だろう。現代では、パソコンはかなり大衆化してきている。もはやパソコンは、テレビなどと同様に大衆家電製品カテゴリの一部と顧客に認識されているのではないだろうか?

テレビなどを購入する時と同様に、家電量販店でパソコンの実物を見て、さわって買いたいと思う方が、普通ではないだろうか?

デルは、直販に加えて、量販家電向けのチャンネル拡販を検討しなければならないかもしれない。

●顕著な成長の伸びを見せているノートPCは、デザイン等感性価値が重要な購買意思決定要素となっているだろう。

デルは感性価値の勝負は苦手だろう。今後、感性価値要素は、ますますパソコンの購買意思決定の大きな部分を占めるだろう。デルはこのままでは非常にマズイだろう。

●顧客の個性やライフスタイルに合わせたキメ細かいソリューション提供といった側面でのマーケティングアプローチが弱いと思われる。デルは価格および機能性追求型のイメージが特に強い。顧客サポートとかが不十分かもしれない。


中核事業でも立場が危うくなってきているかもしれない。デルの強みが、競争激化と商品成熟化によって中和されてきているだろう。

●各社のコスト削減努力で圧倒的な価格差がなくなってきた。価格以上に価値訴求が勝負の分かれ目ではないか。直販のデルモデル自体もかなり競合に研究され尽くして、良い所は、全部ではないにしても、かなり模倣されているだろう。

●パソコンのハイスペック化は、すでにかなり進行しており、必要以上に最新のスペックを積むメリットが薄れていると思われる。

●低価格のコモディティでは、確かにデルは強いだろう。では高付加価値分野ではどうなのか?


放送と通信の融合・連動といった次世代技術イノベーションへの対応が弱いと考えられる。

●基本的に直販システムと組み立て中心のデルは、効率性重視の会社であり、基礎研究への投資が少なく、デジタル家電とPCの融合や連動化傾向において、グローバル規模の家電メーカーほどの先進的な技術的競争力を有していないだろう。画期的な技術イノベーションが生まれにくいのではないか。

非常に荒い分析ではありますが。。。

デルは、今後、既存の中核市場のさらなる地位強化、市場深堀に加えて、全く新しい戦略的ポジショニングを何か追加する必要に迫られるかもしれない。

デルモデルは、あまりにも今まで市場特性に見事にフイットしすぎていたからこそ、余計に戦略ポジションをいじるのは、本当に難しい。勝ち続けるのは本当に難しい。

ある特定の戦略的なコンテキストで大勝利した者が、新しいコンテキストや変化に対応し続けることは難しすぎることです。。。

「E相棒」内関連記事
デル(DELL)が顧客コミュニケーション強化「Second life対応」「You Tube型顧客対応」「投票型フイードバック顧客対応」を実施
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
最新記事
(04/04)
(04/02)
(03/28)
(03/26)
(03/23)
(03/22)
(03/20)
(03/19)
(03/15)
(03/14)
(03/12)
(03/08)
(03/06)
(03/05)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/22)
(02/22)
(02/21)
(02/21)
(02/20)
(02/20)
(02/20)
ブログ内検索
フリーエリア
プロフィール
HN:
N@oto☆Ishikawa
性別:
男性
職業:
ネットビジネス戦略家
趣味:
バスソルトを入れた半身浴
自己紹介:
随分と長いことネットビジネスやWebマーケティングの事業戦略立案から運営支援に携わっています。ネットビジネスの道は、いつも大混雑で怪我をしやすい。そこで雪国が育てたNo1!装着率No1!のe相棒を読めば、いつもの道がとっても楽に変わるかもね。

お問い合わせは【gatack3821あっとYahoo.co.jp】まで。お気軽にどうぞ。
リンク
☆E☆相棒を購読してみる
My Yahoo!
に追加

Add to google

feedpath

はてなRSS

Add to goo

Add to livedoor

Subscribe in NewsGator Online

PAIPO READER

Add '☆E☆相棒|ソーシャルメディアマーケティング' to Newsburst from CNET News.com

Subscribe in Bloglines

Subscribe in Rojo

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP